STRENGTHS私たちの強み

STRENGTHS

再生フィルムで
地球を包む

UKK Spirits

宇陀化成の精神

創業時から変わらぬ、
再生原料100%へのこだわり

私たち宇陀化成工業株式会社は創業以来、100%再生原料を用いて製品をつくることにこだわり続けてきました。

ただ、私たちが再生原料にこだわるのは、環境保全への意識が高まり始めた創業当時、廃プラスチックの処分・処理が社会問題になることを予見し、いち早くこの問題に取り組むためでした。

製造工程で発生するロスをリサイクルし、もう一度原料として使用することが廃プラスチックの削減に、果ては環境保全につながると考えています。

目指してきたのは、再生原料でも
高強度・高品質な製品

創業当時はまだ「再生製品=粗悪」というイメージが根強くありました。
確かに再生原料から良質な製品をつくることは難しいものでした。

ひとつの製品を作るには使いやすい、使いにくい、強度がある、コシがある、粘りがあるなど、様々な特性を持った再生原料をブレンドすることで作られます。

毎回均一な品質にするためには、ブレンドする原料の種類や量、その日の天候や気温によっても配合を調整する必要があります。

私たちはそれらの課題を、長年にわたる試行錯誤により改善してきました。

高い品質と安定した供給の実現、それが『宇陀化成品質』です。

多様化するお客様のニーズに
応え続けるために

1998年、国内で最初にごみ収集袋にエコマークを付けた製品「ポリハイ」の製造を開始し、長年、中核の製品となっていました。

しかし数十年経った今、最も力を入れているのは様々な大きさや様々な機能性をもったシート・フィルム製品の製造です。

その理由は、お客様の様々なご要望に応え続けるため。

現在、業界では再生原料の使用が当たり前となり、お客様が求める製品も多様化しています。

そんな変化するニーズに応え続けるために、私たちはこれまでにない新たな付加価値のある製品の開発に力を入れています。

Recruit採用情報

先輩社員インタビュー

樋口 真一

製造部 リーダー / 2019年入社

樋口 真一 Shinichi Higuchi

学んでいる部下を見るとやりがいを感じる

私は製造部でリーダー職というポジションを務めさせてもらっています。入社当初は、機械の種類の多さや操作をおぼえることに苦労することもあり、できるようになるまでは、先輩につきっきりで教えてもらっていました。今では当時とは逆の立場で、リーダー職として後輩や部下を育てることをさせてもらっています。人に伝えたり教えたりというのは難しいところもありますが、自分が伝えた事を学んで1人でできるようになっている部下の姿を見るとやりがいを感じます。

コミュニケーションは大切でつながりが重要

これからの目標としては後輩を育てていくことですね。人それぞれ違ったり個性があるのでやっぱりコミュニケーションは大切で、繋がりが重要だなと感じます。ただ、それだけではなくて、物作りをしている中で、ロスを削減する、不良やクレームを無くす、といった仕事をして、もっと品質の高いモノづくりができる会社にしていきたいです。それを自分が中心となって率先して後輩がついてきてくれたら良いなとは思います。

当たり前になっている事でも目線を変えれば改善点が見えてくる

他にも職場環境の改善も心がけています。やっぱり気持ちいい環境で働きたいので、設備など気になったところを改善してほしいと思い切って提案しています。当たり前になっている事でも目線を変えれば改善点が見えてくるので、自分のような年数の浅い人間の視点で声を上げていけたらと考えています。そういった意見は実際に反映してもらえたり、評価してもらえるので、やる気のある方はむいている職場です。あと週休2日であったり長期休暇など休みがしっかりとれるところも魅力です!

物流管理課 / 2021年入社

三森 祐斗 Yuto Mimori

頑張った経験の積み重ねが成長につながる

私は商品の出荷や入荷など入出荷業務を担当しています。仕事をするうえで無駄を無くして効率をあげることを意識して、他の社員の作業を見ながら参考になるところを吸収しています。そういう積み重ねが、自分でもわかるくらい仕事の効率化につながっていると感じます。長期休暇あけは出荷量が多いことがあるのですが、それを出し切った時には達成感がありますね。また、そういった苦労や頑張った経験は、後から入社された方に仕事を伝えるときにも活かせているなと思います。

やりたい事に挑戦させてもらえる環境

職場の皆さんは接しやすくて質問もしやすい雰囲気なので、自分の意見や思っている事を伝えやすくて、やりたい事に挑戦させてもらえる環境です。最初の頃は慣れない事があったりと苦労することも多かったのですが、「フォークリフトに早く乗りたい」とか、「トラックへの積み込みをしたい」とやりたいこと伝えることで挑戦をさせてもらいながら仕事をおぼえました。そこから仕事を任せてもらえるようになった時には嬉しくてやりがいにつながっています。

モチベーションが高い状態で仕事ができる

今後はもっと幅広くいろんな事ができるようになりたいと考えています。他部署でも先輩社員の早い働きを見ていると「カッコイイ」「できるようになりたい」と感じます。最近だと大型の運転免許を取得したので、自社便のトラックを運転したいとも思っています。チャレンジさせてもらいやすく、それを評価してもらえる環境だからこそ、そういったモチベーションが高い状態で仕事ができています。

物流管理課 係長 / 2016年入社

福元 亮 Ryo Fukumoto

全ての経験が活かせている

私は製造の部署に2年半、原料の部署に2年半の配属を経て今は物流管理をメインに事務所の業務を行っています。物流管理では出荷入荷の業務の中でメンバーの皆さんの話をきかせてもらい改善するといった管理の部分を務めさせていただいています。製造などから管理へと移ったことで社員の話や意見をきかせてもらったり、問題があれば一緒に解決するなど、”対モノ”だった仕事が”対ヒト”にベクトルが変化してコミュニケーションがより大切になりました。他部署にいたからこそ社内のコミュニケーションもとりやすく、全ての経験が活かせていると思います。

意見や提案には前向きに検討してもらえる

風通しの良い社風なのでコミュニケーションがとりやすい環境です。社長でも近くて話しやすいのは会社の魅力だと思います。それでも、それぞれ個性や考えていることがあるので、話づらい事は一度私に伝えてもらって、それを全体に反映させるといったクッション的な役割になれればと考えています。意見や提案には前向きに検討してもらえる職場なので、皆で提案して目に見えて職場が改善されたときは嬉しいです。

会社として問題を解決できる力をつけていきたい

それでも問題は尽きないものと思っていて、問題があるから良い会社悪い会社という訳ではなくて、会社として問題を解決できる力をつけていけたらと思っています。今の自分の業務は物流管理のウエイトが大きいので、今後は任せられる人材を育てて事務所の業務やマネージメントに注力していければと考えています。新しいことに挑戦させてもらえるのはプレッシャーも有りますが、やりがいにもなっています。したことに対するフィードバックはかならずある会社なので凄く良いと感じています。

私たちと一緒にこれからの自分、
そしてこれからの宇陀化成を
創っていこう。

採用情報

宇陀化成工業 採用情報 pdf

pdf

CONTACT

受付時間 9:00-17:00(平日)

0745-85-3001
お問い合わせ
Copyright(c) 2012 宇陀化成工業株式会社 All Rights Reserved.